« 前ページへ次ページへ »

auから販売されているタブレット端末は、どれも魅力があって良いのですが、その中でも「Qua tab PX」というタブレット端末は様々な魅力を兼ね備えている人気タブレットです。
このauのタブレット端末は長時間使用しても目に優しい「リーダーモード」という機能が付いています。
リーダーモードの専用ボタンを押すことによってブルーライトを軽減させることができますので、動画やゲームなどを長時間続けて楽しむことができるでしょう。
便利な機能としてIPX5/IPX7の防水機能やIP6Xの防塵機能が付いていますので、日常生活の様々なシーンで活躍してくれると思います。
バッテリー容量は4,800mAhの大容量になっていますのでバッテリーを気にせず思う存分楽しむことができますし、屋外に安心して持ち歩くこともできますね。
ボディはコンパクトサイズになっていますのでバッグに入れて持ち運ぶことができ、プライベートだけではなくビジネスシーンでも活躍してくれるでしょう。
また、スマホと連携させることで大画面で写真を見ることができますし、スマホに届いた着信などを確認したり返信したりできますので便利ですね。
このようなauのタブレット端末を上手く使いこなして楽しんでみてはいかがでしょうか。www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/tablet/au

今ではスマホカメラもどんどん進化をしているという事もあり、カメラのプロ方からの評価もあったりします。
実際にプロのカメラマンも活用をしたりしているようですよ。
やっぱりスマホならではの写真の仕上がりなんかもあったりすると思います。
今では、スマホは一眼に負けないぐらい綺麗な写真撮影ができるようになっています。
そのため、今はデジカメや一眼が不要になっているぐらいです。
これからどんどんスマホカメラが進化をしていけば、もうデジカメなんかよりもっと機能も上に上がってきそうですね。
進化が止まらないスマホカメラはやっぱりすごいです。
実際にスマホカメラを使ってプロのような写真を撮影しているような方だっています。
スマホカメラだってたくさんの機能が付いていますから、その機能などを活用していけばプロのカメラマンに負けないぐらいのものを撮影することができますよ。
スマホカメラも本当にすごくなりましたね。
これからももうカメラなんて不要なんて方がどんどん増えて来そうですね!
今の時代はやっぱりすぐに撮影ができるスマホといった感じなので、これから一眼やデジカメの売れなくなってきそうだなと思います。

ソニーモバイルのスマートフォンといえば、過剰なまでのスペック追求がウリです。これまでも4K解像度ディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium」などを発表してきました。そして今年のモバイル・ワールド・コングレス 2017(MWC)にて同社が発表したのは、さらにスペック追求に磨きをかけたフラッグシップモデルの新型スマートフォン「Xperia XZ Premium」だったのです。Xperia XZ Premiumは、昨年11月に日本で発売された「Xperia XZ」の後継モデル。今モデルの最大の特徴といえば、他社製スマートフォンを圧倒する、5.5インチの世界初4K解像度のHDRディスプレイでしょう。最近はスマートフォンで撮影した写真も極めて高解像度になってきて、さらに動画サイトも4K解像度に対応。そんなリッチなコンテンツも、Xperia XZ Premiumのディスプレイは余すところなくユーザーに送り届けてくれるのです。さらには、Amazon(アマゾン)と協業し、プライムビデオの4K HDRコンテンツにも対応。プライムビデオとしては初の、モバイル端末向け4K HDR配信になるそうです。ただでさえコスパの高いプライムビデオが、またしても最強になってしまう…。

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月27日、「Mobile World Congress 2017」でスマートプロダクトについて発表しました。2016年のMobile World Congressで参考展示していた「Xperia Projector」を、「Xperia Touch」として2017年春以降に各国で発売します。Xperia Touchは、壁やテーブルなどに投写した画面に触れて操作できる、Android 7.0を搭載したプロジェクターで、家族や友人など、複数ユーザーでの利用を想定しています。Google Playを利用できるため、テーブルを囲んでゲームを楽しむ、壁に投写して写真や動画を鑑賞する、ビデオ通話をするといった使い方ができます。またPlayStation 4のゲームを遠隔で操作できる「PlayStation 4 Remote Play」にも対応しているので、大勢でゲーム楽しむ用途にも向いています。ソニー独自の液晶ディスプレイデバイス「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」を搭載していて、23型から80型までを投影できます。画面の解像度は1366×768ピクセルで、赤外線とカメラを組み合わせた毎秒60フレームのリアルタイム検出により、遅延なくタッチ操作ができるようチューニングしています。最大10点のマルチタッチに対応しているので、複数のユーザーが操作できるようになっています。
投影された画面をタッチ操作できる

最初に説明しておくと、iPhoneはほぼセキュリティソフトは不要です。Androidは基本的に必要なしで良いのですが、万が一のことを考えて入れておいたほうが無難です。その理由はOSとアプリストアの運営方針にあります。iPhoneやiPadはOSを随時アップデートをしているので、端末が古くなってサポートが終了しない限りは大丈夫です。Android端末は、すべての端末が最新のAndroid OSに対応しているわけでありません。販売している会社がアップデートに対応しないとOSのアップデートは出来ないので、使っている端末のOSセキュリティ状況に差が出てくるのです。もう一つはアプリストアです。iPhoneアプリはApp Storeが厳正な審査を行ってアプリを公開していますが、公開された後も規約が厳しく過去にモンスターストライクが規約違反で一時配信停止をしたことがあります。App Storeに対して、Androidはオープンソフトであり、アプリの審査が甘いのです。Android端末のアプリはGooglePlay以外での、ダウンロードが可能でセキュリティ面で穴だらけの状態になっています。結果としてAndroid端末はウィルスに対して自己防衛が必要なのです。

近ではソフトバンクが無料クーポン配布をした事が話題となっていました。
ソフトバンクユーザーがみんな使用できるクーポンだという事もあり、たくさんの方が喜んでいたと思います。
次は、ドコモがスマホで無料クーポンの配布を開始する事を発表したようです。
ドコモユーザーの方にとっては嬉しい情報ですよね。
この無料クーポン配布は、3月からスタートさせるようです。
ドコモの無料クーポンもみんなが喜ぶようなクーポンになっていますよ。
25歳以下のユーザー限定で、ローソンのからあげクンかマクドナルドの商品券が貰えるというものなのです。
こちらはどちらも嬉しいクーポンになっていますよね。
これからクーポンサービスも増えて来そうな予感もします。
この無料クーポン配布は、最近多い格安スマホに変えていくユーザーの方を増やさないように始められているみたいですよ。
無料クーポンがある事で、とどまるような人もいると思うので、これからもっとこういったサービスを増やしてもらいたいです。
無料クーポンがあるとやっぱりお得感があるので、使用をしていこうという気にもなると思いますね。
これからもどんどん続けていってもらいたいものです。

スマホのゲームは次から次へと色々なゲームが出てきますので、どれが面白いのか分からい人もいると思います。
そんな人に良いと思ったのは「首都高バトルXTREME」というゲームです。
このスマホゲームは1994年にスーパーファミコンで始まった首都高バトルシリーズの最新作です。
車好きな人は勿論のこと、あまり興味がない人でも熱くなるレースゲームと言えます。
自分の愛車をカスタマイズしたり走り屋たちとの白熱バトルが魅力になっています。
レースゲームと聞くと操作が難しいと思うのではないでしょうか?
そうした操作の心配は何もありません。
スマホの画面をタップすればアクセルオンになりますし、左右にスワイプするだけで車線変更することができるのです。
だから、誰でも気軽に白熱バトルを楽しむことができるでしょう。
また、コース上にある黄色いエリアの赤色ラインで左右にスワイプすれば上手くコーナリングできますし、アタックポイントで上手くコーナリングすれば一時的にスピードアップします。
それに、ニトロという加速アイテムを使用すればライバルを置き去りにできますので気持ち良いですよ。
こうしたスマホのゲームには曜日限定の対人バトルもありますので毎日熱くなってしまうかもしれません。ゲームが好きなあなた!この端末をおすすめ

iPhone で4K動画を撮影していると、どんどんファイルが溜まっていきます。256GBある iPhone 7・ iPhone 7 Plusでも空き容量が少なくなってしまうでしょう。本体の容量不足に悩む前に、4K動画や写真を撮影したらすぐにパソコンに取り込むようにしたらいいでしょう。その際、大切なのはカメラロールをゼロにすることです。このことを心がけると、いつでもiPhone で快適に撮影できるようになります。いまパソコンのハードディスクの値段がとても安いので、以前では考えられないようなストレージの使い方をすることができるようになりました。4Kビデオをたくさん撮影して、それをパソコンのHDDに取り込んで、iPhoneのカメラロールからはその都度削除するのです。ときどきiPhoneにアプリや写真・動画を入れすぎて、貴重な瞬間に写真動画撮影できない、という人を見かます。それは、カメラロールにたくさんの写真が入っているケースがほとんどなのです。iPhoneでは、iCloudフォトライブラリを使うか、マイフォトストリームを使っていることでしょう。写真の同期はiCloudに任せると、ユーザは何も考えなくて済みます。iPhoneのビデオ撮影機能は実に面白いです。iPhone を旅先に持って行って本当によかったと思う人も多いことでしょう。世の中たくさんカメラ製品が出回っていますが、最初の一台はiPhoneで十分です。その後で、1眼レフやミラーレスの導入を考えればいいのです。

スマートフォンの内蔵ストレージ(ROM)は大容量化量が進んでいますが、一方でカメラ性能やアプリ機能の向上によって「必要な容量」も増加し続けています。特に動画撮影を頻繁に行う人でしたら、1年もしないうちに使い切ってしまうケースも多々あるようです。状況・機種次第ではありますが、スマートフォンの容量が不足したときは「不要なファイルやアプリの整理」を頑張るより外部メモリを増やすのが適切な場合も多いのです。microSDはどこで買うべきでしょうか。容量32GBのmicroSDHCカードは、信頼性の高い東芝製でもAmazonだと4000円以下で購入可能です。一方、au公式microSDHCカードはauショップにて9000円台で販売されています。性能としては同じなのですが「au公式の動作保証」の有無による価格差ということですね。コストパフォーマンス優先の人はAmazon等のネットショップや、家電量販店・ドンキホーテ等で。信頼性最優先の方はキャリアの公式品を購入しましょう。マイクロSDは壊れます。信頼性・評判の高いmicroSDを使っていても、じわじわとデータが消えてしまう、たまに読み込まないといった予兆無しに「急に完全に読めなくなる」というケースが多々あります。大事な写真等のデータは、microSDだけでなくオンラインストレージやパソコンにも日頃から保存するようにしておきましょう。
スマホの動きをよくする、メモリ「解放」とはなんだろう?

5.2インチフルHD(1920×1080)液晶にSnapdragon 820、3GB RAM/32GB ROMを備えた防水・防塵対応のAndroid 6.0スマホです。約2300万画素背面カメラがついていて、1/2.3インチExmor RS・24mm広角Gレンズ・映像処理エンジン「BIONZ for mobile」にPDAF(位相差AF)対応CMOSセンサー、レーザーAFセンサー、RGBC-IR(赤外線)対応のカラーセンサーを組み合わせた「トリプルイメージセンサーテクノロジー」を組み合わせたほか、スマホとしては世界初の5軸手ブレ補正「SteadyShot」も備えています。「洗練された真のフラッグシップモデル」とようやく呼べるモデルなのです。スペック面だけ見ると正直、従来のものとあまり変化はないように見えますが、実際に使ってみると明らかにバッテリー持ちが良くなっていたり、操作性が良くなっていたり、売りのカメラにも磨きがかかっています。久しぶりに、Xperiaを購入して良かったと感じることのできるレベルの出来でした。今までXperiaは薄暗い場所での撮影が少し苦手だったようですが、それが今回のフラッグシップモデル「Xperia XZ」で克服されています。また新たに登場した「RGBC-IRセンサー」では光のRGBバランスだけでなく目に見えない赤外線も捉えて周りの明るさを判断し的確なホワイトバランスを設定できるようになったのも大きな進歩と言えるでしょう。

« 前ページへ次ページへ »