次ページへ »

海外に旅行に行ったときに困るのが、言語の壁です。こんな時なんて言ったらいいの?と不安になる方も多いと思いますが、pixel3の翻訳機能を使えばリアルタイムで翻訳してほしい言葉を教えてくれます。旅行に行く前に、Google翻訳アプリを事前にインストールしておくだけでOKです。旅行先でいざ使いたいと思ったら、Googleアシスタントを呼び出して翻訳してほしい文章を長押しして、英語に翻訳してとお願いするだけで翻訳してくれます。こんな時なんて言ったらいいの?困ったを解決してくれるpixel3は、とても便利です。また英語で書かれた文章を日本語に翻訳してほしい時にも便利です。Googleレンズを使用して翻訳してほしい文章を長押しすると、Google翻訳で日本語にして教えてくれます。英語で書いてあることが分からないといった場合にも使えるので、翻訳機能が充実したスマホをお探しの方にもおすすめです。海外で名前の分からないもので気になったものがあれば、Googleレンズで検索してみるというのもオススメの使い方です。

androidスマートフォンを扱う会社は、数えきれない程ありますがその中でも今、最も注目を集めているandroidスマートフォンの一つ「blackberry」というカナダ製のスマートフォンが注目されています。カナダのResearch In Motion(RIM)社が開発したビジネス向けスマートフォンなだけあって、欧米ではビジネスマンの利用者が多く、2009年に欧米大統領に就任したオバマ氏が使っていたことで一部話題になりました。本体は、薄くスマートな形で何よりも文字入力用の小さなキーボードが搭載されている点がblackberryの最大の特徴です。androidスマートフォンと言えば、画面いっぱいに広がるスマートな画面を想像する方も多く、こうしたblackberryのようなキーボード型になっているデザインは非常に珍しいです。逆に指を滑らしながら文字を入力するのが苦手という方には、うってつけのデザインです。現在では、blackberry Key2RED editionが2019年4月中旬に100台限定で販売されています。是非、気になる方はチェックしてみてください。

令和に入ってから大きく変わったことが私にとって起きた。それは東急電鉄の各駅で販売機から現金を降ろせるようになることだ。しかもそれがスマートフォンを使っておろせるのだからキャッシュカードと、銀行のATM利用の人が減っていくだろう。さらにこの機能により財布のがさがさの要因が一つ消えるのは喜ばしいことだと私は思っています。ただ、駅でもお金を下ろせるようになってしまったら、もっと混むようになるのではないかと言う点では心配です。それに駅でできるという事で、時間にルーズになっていくような気もします。後は、スマホでお金を下ろせるようになると言うことは、スマホを落とした時の問題は今後もっと複雑になっていくでしょう。これまではロックをかけるだけでしたが、お金ということになるともっと厳重になる必要があります。さらに、降ろす時にパスワードを見られないための工夫も必要になってきそうです。これからのスマホと駅の進化に注目が集まりますね。

スマートフォンにはディスプレイとカメラが標準装備です。だからスマホの評価というのはカメラかディスプレイがほとんどです。今回はこの内のカメラの評価について書いていこうと思います。今回紹介するスマホの名前は「Galaxy S10 5G」のカメラが指標サイトで、最高クラスの評価を得ました。背面とフロント両方とも最高クラスの評価を得ているため、スマホとしてのカメラ性能は間違いなくいいものでしょう。Galaxy S10シリーズの中でも最大となる、6.7インチディスプレイを搭載しているスマホだ。背面のカメラの撮影品質は「Galaxy S10+」よりも優れており、望遠カメラは優れたボケを生み出します。フロントカメラの方も背面カメラと比べると少し劣るが、全体的に機能が高く露出や演色にも大変満足できるものです。「Galaxy S10」シリーズではカメラ化が一気に進んだため、5Gで6カメラも搭載されています。

YouTubeと言えばみんなも知っている動画視聴アプリだろう。ここ最近、YouTubepremiumというYouTubeのサービスが開始されているのはご存知だろうか。今までもiPhoneとAndroidに出でいたが、最近Android8.0にようやくピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)が追加された。この機能はざっくりいうと、動画の画面を小さくし違うアプリでも動画を観れるという機能だ。この機能は本来premiumユーザーしか使えないのだが、米国だけはpremiumユーザーでなくてもこの機能が使える。YouTubepremiumの特典はどちらかというと、広告なしの方の特典の方が魅力的だと思うが、別のアプリでも動画を観れるのは良い特典でもある。私は加入していないが、出来れば画面が小さくなる機能は加入しなくても使えるようにして欲しい。広告が表示されないのは良い特典だと思うが、 premiumには他にも特典をつけるべきだと私は思う。

「生産性向上」と「長時間労働の是正」に向けて、国を挙げて「働き方改革」が騒がれるようになってから1年以上が経過しました。企業が取り組まなければならない課題との見方が出ているものの、なかなか進めることができないのが実情といえるでしょう。このほど、IDC Japanが日本およびアジア太平洋地域で実施した「働き方の未来(Future of Work)」に関する調査では、職場の変革が進まない理由の一つに最新IT活用への意識が薄いとの結果が出ました。この調査は、従業員規模が100人以上で売上高が10億円以上の企業の経営者や、最新テクノロジーの導入に関わる役職者などを対象としています。職場を変えるために最新ITを活用する意識が薄い理由の一つに、デジタル人材の不足が挙げられるということです。解決策として市川和子PC・携帯端末&クライアントソリューショングループマネージャーは、「ITに慣れ親しんだミレニアル世代(30代中盤以下の世代)を積極的に活用して仕事の仕方や場所、時間を変革することが求められる」としています。

スマートフォンによる遠隔操作で鳴らせるハト時計「OQTA HATO しろ」が、IoTデバイスを手掛ける会社「OQTA」から11月18日に発売されます。価格は3G通信モデルが1万7064円(※)、Wi-Fiモデルが2万3544円。なんともシュールなシステムですが、実は遠隔地にいる家族や友人に、「気に掛けているよ」と伝えるコミュニケーションツールなのです。
ハト時計と連携させた専用アプリを起動して、ボタンを押すとハトが1秒ほど鳴くシステム。なお、通常のハト時計のように時刻の節目では鳴きません。例えば本体を実家に置いておき、親のことが気掛かりになったときなどに押して、さりげなく思いを伝えるといった使い方が可能。電話やメールだと、ハードルが高い場合もありますしね。鳴らすたびアプリにログが残るので、自分の思いを振り返って整理することもできます。ハトを鳴らせる権限は最大8人まで持てるので、兄弟や仲間が多い人も対応できます。ハトが鳴きすぎてうるさくならないか心配になるところですが、柔らかいアナログ音が鳴るフイゴ構造の採用で、おとなしめにしているとのことです。

新日鉄住金ソリューションズ株式会社(以下、NSSOL)と日本ビジネスシステムズ株式会社(以下、JBS)は10月31日、働き方改革支援サービスの提供において協業すると発表しました。コラボレーション環境の提供、クライアント管理、高度なセキュリティ対策を中心に、すでに実案件での協業を開始しているということです。JBSとNSSOLでは、こうした両社の強みを生かし、Microsoft 365を中核として、コラボレーション環境にクライアント管理やセキュリティ対策も加えた統合ソリューションを提供し、企業の働き方改革推進に貢献するとしているのです。具体的には、まず、JBSが取り扱っているOffice 365をはじめとするマイクロソフトソリューションや、NSSOLの文書管理ソリューションを中心に協業することで、大規模な顧客に対するコラボレーションの基盤作りを支援するとしたのです。また、NSSOLが大規模実績を持つDaaS/VDIサービスに、JBSの提供しているPC端末のライフサイクル管理、Windows 10関連のサービスを組み合わせ、快適かつ安全なクライアント環境の提供を図る考えです。

“滋賀県は、乗用車の自動運転の実証実験を12月に草津市野路東1丁目の立命館大びわこ・くさつキャンパスで行います。高齢社会の進展を受け、家からバス停、バス停からコンビニといった短距離での利用を想定するものです。国や県、県南部の6市とバス会社などでつくる「大津湖南エリア地域公共交通活性化協議会」が実施します。昨年11月に東近江市の奥永源寺地域で自動運転バスの実証実験があったのですが、乗用車タイプでの実験は県内で初めてとのことです。実験では、電気自動車やガソリン車でキャンパス内の歩道約700メートルを時速15キロで走行します。主に使用するゴルフカートに似た電気自動車にはハンドルやアクセル、ブレーキがなく、内蔵した3次元地図を基に完全な自動運転で走行し、車両上部のセンサーで人や障害物を検知すると自動停止する仕組みで、安全のため人が遠隔操作でバックアップするということです。一般道での導入時期や地域については未定で、将来はスマートフォンで車を呼び、目的地を設定して自動運転させることも視野に入れるということです。

働き方改革」を進めるため、行政や経済団体などが取り組みについて話し合う会議が岡山市で開かれました。時間外労働の上限規制へ…岡山で「働き方改革」を話し合う会議です。2015年に立ち上がった「おかやま働き方改革会議」には、岡山労働局や岡山県、岡山県経営者協会などが参加しています。来年4月から時間外労働は原則、月45時間、年間360時間以内に抑えるということです。今年6月に働き方改革関連法が成立し、一部の業種を除いて、来年4月から時間外労働の上限規制が導入されます。これによって時間外労働は原則、月45時間、年間360時間以内に抑えることが求められます。会議では、ルールの変更点のほか「働き方改革」に取り組む企業に向けた助成制度や相談窓口について情報を共有しました。また、先進的な取り組みを広めるため、優れた企業を表彰する制度を設けることを確認しました。時短は働き方改革の中でも目玉として注目されています。時短だけではなく仕事の効率化で損失を時短による損失を抑えなくてはいけないからです。

次ページへ »