次ページへ »

パナソニックは、ホームパーティにも使える中型サイズのBluetoothスピーカー「SC-UA7」を9月8日より発売します。価格はオープンで、想定市場価格は8万円前後となります。SC-UA7は、リビングなどの広いスペースで上質な音楽リスニングを行ないたいユーザーをターゲットにした3ウェイのスピーカーです。主に40~50代を想定しているということです。本体サイズはW260×H744×D295mmで、観葉植物というか、傘立てほどの大きさなので、部屋の隅、あるいは作業机のサイドなどちょっとしたスペースに置ける寸法となっています。本体は上下2分割の構造で、上部にはトゥイーター×4、ミッドレンジウーファー×4を3方向に向かって搭載。メーカーでは180度の方向をカバーすると謳っており、本体(スピーカー)の向きによらず、音が部屋中で楽しめるようになっているのです。下部には16cmスーパーウーファーを2基搭載し、対面式とすることで共振も抑えています。

大事なメモデータ。スマートフォンの機種変更でどうなるの?という心配は無用です。同期データは、設定でGoogle Driveに自動バックアップできます。さらに「自動保存設定」により、ページ単位で「Evernote」「Google Drive」「Adobe Creative Cloud」「Microsoft OneNote」に転送できます。転送後にノートに加筆しても送信側には反映されませんが、あまりメモやノートはいじらないという方は、自動保存にしておくと手間がないでしょう。このほかにアプリ側の共有機能から、JPEG、PNG、PDF、Text、Adobe Creative Cloud、SVG形式でメールに添付したり、その他任意のアプリへの共有もできます。紙に書き、音声も保存し、データはスマートフォンのアプリに同期。さらにクラウドサービスにバックアップし、好きなサービスにも共有。非常に心強いといえるでしょう。編集機能そのものは、範囲指定、文字の太さと色の変更、マーカーとシンプルですが、メモやノートとして完成させられるくらいの機能はそろっています。ページ単位にタグも付けられるので、ノートの分類に役立ちます。 一度保存したメモでも、あとからアプリ上で線の色や太さを変えることもできます。手書きで太字は難しいですが、デジタル化されれば強調したい部分は太く、色を変えることもできますし、マーカーでハイライトする、といった編集もできます。

今やスマートフォンは、仕事と切っても切り離せない関係になるほどに普及しました。そこで、仕事の生産性を上げるために、スマートフォンをどのように活用すればいいのでしょうか。そういう視点に立って、ワークスタイル変革に役立つスマートフォン向け周辺機器、サービス、アプリなどを紹介します。取り上げるのは、NeoLABの「Neo smartpen N2」です。Neo smartpen N2は、11.8mmの厚さのアルミニウムと、ステンレススチールで作られた22gという軽量ボディーに、D1タイプのボールペンを備えたスマートペンです。普通のボールペンのように使えるようデザインされているのが特徴で、本体はグリップしやすいよう三角形をしています。3.7VのLi-Polymerバッテリーを内蔵しており、Micro USB端子からのフル充電で待機時間125日、約5時間の連続筆記ができます。筆記には専用の微細なコードが印刷されたノートを使いますが、専用のボードなどは不要。本体に内蔵されたカメラで1秒当り120フレーム以上を撮影し、座標値と256段階もの筆圧を計算し、Bluetoothでスマートフォンの専用アプリ「Neo Notes」と同期します。アプリはiOS、Android端末用があります。専用のノートが既に多数用意されているのも特徴です。携帯しやすいメモパッドタイプが2種、日付書き込み式の手帳・ダイアリー、リングノート、アイデアパッド、プレーンノート、カレッジノート、リングノートのほか、モレスキンとコラボしたプロフェッショナルノートもある。これで公私ともにカバーできるラインアップといえるでしょう。

タブレット端末は持ち歩くこともできますし、屋内で使用することもできますので、どこでも活躍してくれる便利なアイテムと言えます。
そんなタブレット端末で人気を集めているのが「Qua tab PZ」というauのタブレット端末です。
このauのタブレット端末は約10インチの大型ディスプレイを採用していますし、フルセグとワンセグに対応していますので、大画面でテレビを楽しむことができます。
また、7,000mAhの大容量バッテリーを搭載していますので、どこに持って行っても充電切れの心配はないと思います。
長時間使用するときに気になるのはバッテリーだけではなく目が疲れることもありますが、ブルーライトを軽減するリーダーモードが搭載されていますので目に優しいですし疲れにくくて良いですね。
カメラは約500万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラを搭載していますので、色々なところで綺麗な写真を撮って楽しむことができるでしょう。
それと、本体にはステレオスピーカーが付いていますので音でも楽しめるから良いですね。
カラーバリエーションはネイビー、ピンク、ホワイトの3色が用意されています。
このようなauのタブレット端末は誰でも満足させてくれるアイテムと言えるでしょう。

今ではスマートフォンを持ち歩くなんていうのが普通になってきましたよね。
スマートフォンは女性だったらかばんにしまう方が多いと思います。
しかし、男性の場合かばんを持たないような方もいるのでそんな時はポケットになりますね。
そんなポケットもやっぱりスマホが入れれるようなものでないと困ってしまいます。
男性のそんな悩みを解消してくれるよな商品が登場しました。
それは「イオンのポロシャツ」なのですが、なんと胸ポケットスマートフォンが入れられるように作られているのです。
ポケットスマートフォンを入れておいたら落ちてしまったなんて方もいるでしょう。
しかし、このポロシャツがあれば、そんなスマートフォンが落ちるなんて心配もなかったりしますよ。
スマートフォンもやっぱり落下する事で画面が割れるなんて事もありますよね。
そんな事故を防ぐためにもこのシャツがおすすめです。
男性も持ち物をポケットに入れるのも大変だったりします。
しかし、こういった洋服を選ぶことで便利に活用をすることができそうですね。
これからこういった洋服を活用する男性だって増えて来そうな感じです。
こういう機能を服に追加されるのは嬉しい事ですね!

スマホは薄型で軽量、そして高性能である。とは言え、電化製品である事は今更言う必要はない事だろう。あんな小さな物が一昔前のパソコンを凌ぐ性能を有しているのだ。技術の進歩とは著しい物だと感心するが、問題点としてどうしても「熱」が挙げられる。パソコンで3Dのゲームなどをプレイする人なら排熱の重要性は熟知しているだろう。パソコンで言うならば「排熱」の為に「ファン」が複数搭載されている事も多い。CPUに1つ、GPUにも1つ、本体ケース背面や電源ボックスにもファンという「扇風機」が取り付けられている。こうでもして熱を逃さないと「良く無い事」に繋がる。CPUは熱を持ちすぎると熱暴走を起こすし、コンデンサー周りにも負荷がかかる。これは小型のパソコンとも形容されるスマホでも同様だが、あのスマートなボディー内に扇風機は取り付けられない。スマホを使用している時にまるでカイロのように熱くなった経験は無いだろうか?中には「わざと」熱くしてカイロ代わりに使用するという荒々しいアプリも存在するが、あまり使用を推奨できる物ではない。スマホが熱くなるというのは「よくない事」の前触れである。特にバッテリーの劣化にも直結する要素である。一般的なリチウムイオン電池の「適温」は20~25℃前後とされており、夏場にポケットの中などいうケースはバッテリー的には望ましくない。発熱の原因はバッテリー以外にもCPUに負荷をかけすぎた際にも起こりやすい。不要なアプリが無駄にスタンバイしているような事はないだろうか?複数のアプリを同時に使用したり、長時間の通信、ネットを介した動画の視聴などを頻繁に繰り返しているとそれだけCPUに仕事を与えているという事なので、そりゃ熱もでる。また充電しながらの操作も「充電」と「放電」を同時に行う行為なので、バッテリーへの負荷を高める要因となる。スマホが「熱い」と少しでも感じたら、それはもう人間の体温を超えているという事だ。スマホが熱い時にできる事は多くない。1つは物理的な冷却手段としてケースを外すなどの排熱処理。そして負荷の高いアプリを停止させ、充電中なら充電をやめる。どうしてもダメなら電源を切って一旦バッテリーを取り外してもいい。頻繁に熱くなるようならいよいよバッテリーがヤバイのかもしれない。いつもの事だからと、放置していると寿命をさらに縮める事にもなる。60℃を超えるような事になれば、バッテリーの劣化は通常使用時の約3倍の速度とも言われている。

アップルペンシルをはじめ、紙に書いたものをデジタル化するデバイスは、これまでにも多くのモノが登場しています。ペンだけに限らず、アプリを使ってメモを撮影することで画像化するようなノートもありますよね。けれど、ここに紹介する「Slate」は、普段から使っているお気に入りのペンや、愛用のノートをそのまま使って画像をデジタル化してしまうスグレモノなのです。その仕掛けがこちら。ペン先に装着したシルバーのリング。これを持ち方矯正器具と思ったら大間違いです。リング自体に磁気が内蔵されていて、ペンの動きをデバイス側が読み取り、リアルタイムでiPadやiPhoneにその情報を転送してデジタル化するSlateのキモ。ペンの動きに連動したこのリングによって、直接メモ帳やノート、画用紙に描いたものがそのまま取り込めてしまうのです。使い方は、上下からゴム製のアタッチメントでリング自体を固定するだけ。着脱可能なので色鉛筆やボールペン、サインペン、筆といったように、リング穴さえ通すことができれば、あらゆる筆記用具に対応できるのが最大の魅力です。Slate本体側は、ゴムでコーティングされたパット状。サイズはiPadとほぼ同等。この上に紙を乗せてリングをはめたペンで描くだけ。もちろん、厚みのあるノートだって問題ありません。

デジカメやビデオカメラのメモリーとして目にすることの多いSDカードですが、いざ購入となるとその性能が数字や記号などで表示されていて、どこが違うのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。まずはSDカードの規格の見方について、ご説明します。上図をご覧ください。「転送速度」は、画像の読み込み・書き込みの「最大転送速度」を示しています。「スピードクラス」と「機器との互換性」はビデオ録画や連写撮影をする時に重要な「最低転送速度」を表しています。「UHS-I規格」はメモリーカードの種類(SD,SDHC、SDXC)です。「容量」はメモリーカードの容量です。デジカメで使用するなら32GB以上をおすすめします。また、使用機器によっては使えないカードもあるため、カード挿入口などに書かれているメモリーカードの種類(SDなどのロゴマーク)を購入前に必ず確認してください。
SDカードには大きく分けて、SDカード、SDHCカード、SDXCカードの3種類があります。使用機器によっては使えないカードもあるため、カード挿入口などに書かれているメモリーカードの種類(SDなどのロゴマーク)を購入前に必ず確認してください。それぞれのカードの種類によって最大容量も異なります。購入するカードの容量は、保存したいデータ量によって決めると良いでしょう。容量の小さな4GBのSDカードで、静止画は500~1000枚程度、フルHDの動画は約30分程度の保存が可能です。こうした数値を目安に必要な容量を備えた種類のカードを選んで下さい。
スマホ SDカードはこちら

スマホも続々新機種のスマホが登場してきていますよね。
これからドコモで機種変更をと考えている方もいると思います。
そんな方におすすめスマホをご紹介したいですね。
スマホの新機種で注目したのはやっぱりiPhone7 Plusですね。
iPhoneは登場するたびに注目されるスマホという事もありiPhone7 Plusは人気のスマホの1つです。
スマホを持つのであればiPhoneという方は絶対選ぶスマホだと思います。
AQUOS ZETA SH-04HやXperia XZ SO-01Jもおすすめのスマホです。
デザインもシンプルで男女問わず使用ができるようになっているスマホですね。
夏モデルとして発売されているために、これから購入を考えている方にはぴったりだと思います。
AQUOS ZETA SH-04Hなんかはスマホのバッテリーを長く持たせる機能なんかも付いているため、今までにないスマホになっているようです。
スマホも新機種が登場するたびに新しい機能が追加されているので、しっかりとチェックして購入をしてもらいたいものです。
スマホ購入をしてから後悔しないように、きちんと把握をして購入をしてみてくださいね!auの新機種であれば、動画や音楽ダウンロードも快適。

今のスマホカメラは驚くほど写真が綺麗に撮影できるようになっています。
一眼レフだって負けないぐらい機能が上がってきていますよね。
スマホに足らないのはレンズなんて言われていますが今では簡単に装着ができるようなレンズに販売されています。
なので、本当に今は一眼レフは不要になってきるのです。
スマホカメラは画質は本当に一眼に負けないぐらいになっています。
それほど綺麗に撮影ができるのですからスマホカメラはすごいものだなと思いますね。
スマホカメラの進化もどんどん進んでいるため、これから一眼よりも綺麗になってくるかもしれません。
そうなってくればよりカメラも売れなくなってしまいます。
日頃から色々なものを撮影したい場合やっぱりスマホがあれば便利ですよね。
旅行先でも写真撮影が簡単にできますからこのスマホカメラの進化は嬉しいものです。
今はカメラを持って出かけるなんて人もかなり少なくなっているのではないでしょうか。
一眼なんかも味が出ていて良い写真が撮影ができるようになっています。
しかし、あまり写真にこだわりのないような方はスマホでこれからも十分だったりしそうですね。
スマホカメラの進化がこれからどのようになってくるのか気になります。

次ページへ »