« 前ページへ次ページへ »

“オススメのセキュリティソフトというと、有料セキュリティソフトが良くでてきます。ですが、無料セキュリティソフトの中にも使いやすいものは多く含まれるので、今回はオススメのものを案内していきます。
オススメの無料セキュリティソフト1は、「AVL」です。無料セキュリティソフトといっても、不正なアプリかチェックすることが可能なセキュリティソフトとなっているので、とりあえずウイルス対策したいという人であれば、AVLをインストールしても問題ないでしょう。AVLの優れているところは、国際的にも評価されているところです。
実際に、国際的機関「AV-Test.org」のテストをクリアしている無料セキュリティソフトのため、認知度の高い無料セキュリティソフトをインストールしたい人でも、AVLであれば安心してインストールできるでしょう。
オススメの無料セキュリティソフト2は、「Avast Mobile Security & Antivirus」です。Avastと呼ばれる無料セキュリティソフトとして有名なもののアプリ版で、Free Wi-Fiにも対応している無料セキュリティソフトです。Free Wi-Fiは誰でも利用できるWi-Fiなのですが、安全性が担保されているわけではありません。
そのため今では、Avast Mobile Security & Antivirusを用いることによって、安全なFree Wi-Fiかチェックする人が増えてきました。Avast Mobile Security & Antivirusは、他にも不正なアプリかチェックする、不正なインターネットサイトではないか監視する機能を搭載しているので、無料でバラエティ豊かなセキュリティソフトをインストールしたい人であれば、Avast Mobile Security & Antivirusがオススメです。
オススメの無料セキュリティソフト3は、「AVG アンチウイルス」です。こちらも
セキュリティソフト「AVG」のアプリ版として配布されているのですが、他の無料セキュリティソフトと比べて特殊な一面があります。
例えば、不正なアプリやインターネットサイトに対応しているだけでなく、AVG アンチウイルスは、リモートでスマートフォンをロックする、リモートでデータを削除することが可能なのです。スマートフォンを紛失してしまった時でも、AVG アンチウイルスをインストールしていれば安心でしょう。
他にも、無駄な動作を取っているアプリがある場合は、AVG アンチウイルスを通じて監視・停止できるようになっています。”

“リーズナブルな価格帯で高性能の充実した機能が搭載されたGalaxy A41シリーズは世界的にヒットを飛ばしました。今回Galaxy A41シリーズのニューバージョンGalaxy A51 5Gが11月に発売されることになりました。ではGalaxy A51 5Gは、Galaxy A41から何が進化したのでしょうか?ここではGalaxy A51 5GとGalaxy A41のスペックの違いを比較してみましょう。
搭載されているカメラはGalaxy A41は3つなのに対し、Galaxy A51 5Gはマクロカメラを追加した全部で4つのカメラを搭載しています。ではセルフィーを撮影する際に使用するインカメラはどうでしょうか?Galaxy A4では25MPのインカメラがついており、高精細の美しいセルフショットを撮影することができますよ。ライブフォーカス機能を利用すれば背景を優しくぼかすことができるので、表情がさらに際立ちますよ。一方、Galaxy A51 5Gでは3,200万画素のインカメラに加えて、Galaxyシリーズならではの美肌モードを搭載しています。被写体を際立たせるセルフィー撮影が楽しめそう。ライブフォーカス機能を利用すれば背景をやさしくぼかすことができる機能は、A41とA51ともについています。
さらに注目したいのがGalaxy A51 5Gではプロのようななめらかで安定した撮影ができる機能がついていること。Galaxy A51 5Gでは超広角カメラとAIを駆使して、アクションカメラさながらの大迫力の映像を記録することができますよ。スーパー手振れ補正機能によって、動きが激しい被写体を撮影する動画もなめらかな映像として残すことができるでしょう。アクティブ環境下での撮影が多い方には非常に便利な機能ですね。この機能はGalaxy A41にはないので、ぜひ注目しておきたいです。
次にバッテリー容量について比較してみましょう。バッテリー容量は多ければ多いほど越したことはありませんよね。バッテリーが長持ちしないとなると、頻繁に充電しなければいけませんし、いざという時にバッテリーがない・・となると困るもの。Galaxy A41は途中で充電しなくても長持ちするバッテリーを搭載しており、その容量は3,500mAhとなっています。またバッテリー残量が少なくなり始めたら、充電時には最大15Wの急速充電が可能になっています。
一方、新しく発売されるGalaxy A51 5Gでは、1日中持ち歩いても安心の大容量バッテリーを搭載。その容量はGalaxy A41シリーズを上回る4,500mAhとなっています。急速充電については最大15Wでの充電が可能になるので、こちらはA41とA51で同じになります。Galaxy A51 5GはA41に比べてバッテリー容量も増えているので、充電の心配はさらに少なくなりますね。バッテリGalaxy A51公式サイトはこちらー量、カメラの性能だけを考えても、Galaxy A51 5Gがいかに進化しているのかが良く分かりますね。”

“親の中には、「なんで子どもにスマートフォンが必要なの?」という方と、「子どもだからこそスマートフォンは必要」という見方が存在します。
実際に、「平成30年度版の青少年のインターネット利用環境実態調査調査結果」を参考にすると、子どもとスマートフォンの関係が、昔に比べて密接になっていることがわかります。
まず、子どもの多くはスマートフォンを所持している・・・と言われていますが、実際は「2人に1人がスマートフォンを所持している」だけなので、それほど多くの子どもがスマートフォンを所持しているわけではありません。先ほどの調査結果を参考にすると、約46%の子どもがスマートフォンを所持しているだけで、その他の子どもについては、「まだインターネットは早い」という親の了見で、購入を控えているケースが目立つのです。
ただ、先ほどの話は小学生とスマートフォンの話なので、子ども全体でスマートフォンをあまり所持していないわけではありません。中学生になると70%以上がスマートフォンを所持しているとされ、高校生になると、さらに多くの人がスマートフォンを所持するようになるのです。
これは、小学生高学年から「社会生活に慣れさせる目的でスマートフォンを与える」親が増えてきたからです。そのため、スマートフォンデビューは小学生に多い・・・というのは、こちらの事実を知っていると本当のことであることがわかるでしょう。
ただし、子どもの多くが自由にスマートフォンを選んでいるわけではありません。親としてもプラン料金などを節約したいため、子ども用のスマートフォンは「子ども用端末」から選んでいることが多いです。
社会人のように専用端末を所持している割合では、子どもの場合は約36%とされているので、多いようで多くありません。今では、スマートフォンが安くなったと言われていますが、それでも、端末代金のみで3万円台のものが多い状況です。
子ども用端末であれば2万円以内で購入できるスマートフォンが多いので、このような状況になっているにもうなづけます。
また、子どもにとってのスマートフォンの価値ですが、「動画視聴やゲーム」によって、その価値が高まっている状況です。スマートフォンはアプリインストールのみでゲームを楽しめたり、無料で動画視聴できるサービスが多いため、このような状況になっています。
ちなみに、子どもの70%以上がスマートフォンを通じてゲームを楽しんでいるため、親としては、「遊び目的でスマートフォンを持たせたくない」という意見が増えてきました。最新スマートフォンでは、このような声を汲み取って、親のほうでスマートフォンを使用できる時間を制限できる、もしくは、子どもがどんなアプリをどれだけ使用しているのか確認できる、そんなサービスも導入しています。
他にも、スマートフォンを通じて知らない人とコミュニケーションを取れるなど、スマートフォン特有のストレスについても、親のほうで制限することが可能です。”スマートフォンメモリ

“コストパフォーマンスで選ばれているGalaxyシリーズですが、新作モデルとして人気の高いスマートフォンがGalaxy A30です。
Galaxy A30は、Galaxy S10・S10+と同じタイミングで発売されたモデルです。Galaxy A30は、コストパフォーマンスに優れるモデルと言われていますが、その理由は、S10・S10+の半分程度で販売されているからです。
しかも、スマートフォンとして要求されるスペック、機能を備えているので、バランスの良いスマートフォンを求めている人にとっては、Galaxy A30は最良のアイテムかもしれません。そんなGalaxy A30の基本スペック情報ですが、「本体サイズが約160mmx約75mmx約8.0mm、画面サイズは約6.4インチ、重量約176g」となっています。
Galaxyシリーズのスマートフォンは、全体的にワイドボディタイプのモデルが多いので、操作性を重視してスマートフォン選びを進めている人の場合、中々Galaxyシリーズ以上のものは見つかりません。しかもGalaxy A30の処理性能は、「CPUがExynos7904、RAM・ROMはRAM4GB、ROM64GB、バッテリーは約3900mAh」となっておりますので、ハイスペックスマートフォンに引けをとらないモデルとなっているのです。
そのためGalaxy A30は、今でも人気のスマートフォンとして有名なのです。ただし、カメラ性能についてはスペックが、「アウトカメラはデュアルカメラで約1300万画素・約500万画素、インカメラは約800万画素」となっております。
カメラ性能は他のスマートフォンよりも高い・・・というわけではないので、こちらに妥協できる人であれば、Galaxy A30はより他のスマートフォンよりも良いアイテムとなるでしょう。ただし、Galaxy A30はデュアルカメラ搭載となっているので注意してください。
というのも、ミドルレンジモデルでは標準とされているデュアルカメラ搭載機種は、現状でも、それほど多くないからです。現状のスマートフォンは玉石混交となっているので、安い代わりにデュアルカメラなど、カメラ性能をぐっと引き下げているものもあります。
しかもGalaxy A30は、デュアルカメラだけでなく「AIカメラ搭載機種」でもあるのです。AIによって撮影シーンの判断が行われるようになっているので、被写体に対して最適な設定で写真撮影を行うことができます。
ミドルレンジモデルでは今のところ、勇み足を嫌ってAI機能を充実させていないスマートフォンは多いです。その他の特徴では、Galaxy A30は「おサイフケータイ、防水防塵対応のスマートフォン」となっているので、キャッシュレス決済対応のスマートフォンで、且つ、丈夫なものを探している人にも、Galaxy A30をオススメすることができます。”

“通信制限とは、通信データ容量のことです。
例えば、テレビコマーシャルでは「5ギガ、10ギガの制限」について案内しているものが多く、通信制限に引っかかるほどの利用をされていると、急に通信速度が激減してしまうこともあります。ですが、格安スマホのブランドの中には、安定した通信速度を提供する代わりに、通信制限についてゆるい企業が多いのです。
格安スマホを取り扱っているのはMVNOと呼ばれる、au、Softbankという大手キャリアのサブブランドです。格安のスマートフォンを売っているだけ・・・で、サービスは良くないと思われることも多いのですが、実は、様々なプランが用意されているので、自分のデータ通信量に見合った格安スマホは見つかりやすかったりします。
なので、MVNOで格安スマホをゲットしたい場合は、まず通信制限の内容を確認するようにしましょう。良くわからない場合は、格安スマホを販売している店舗で質問をすると良いです。”

“現代において最も注目されている新技術というと、人工知能を活用するAI技術は欠かすことができません。
AI技術は、交通インフラなど大規模システムの中で活用されているイメージもありますが、大手企業であれば、AI技術を駆使していないケースのほうが減ってきました。スマートフォンの場合も同じで、ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、人工知能によるパフォーマンス向上が可能となっています。
例えば、カメラの撮影シーンにもAI技術が組み込まれているので、ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、自動で撮影シーンを最適化することが可能になっています。しかもASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、過充電を無くすことも可能となっているので、「ASUS BoostMaster」によってバッテリー劣化を防げるようになっているのです。
その他では、周囲の音量に合わせて通知音の調整が可能な「AI着信音」にも対応しています。”Galaxyスマートフォンと他ブランドスマートフォンの比較

“Wiko g08は、「DSDS」と呼ばれるSIMカードの2枚挿入に対応しているスマートフォンです。
しかも今では、型落ちスマートフォンとしても有名で、安く買えるスマートフォンの1つとされています。Wiko g08は、コンパクトサイズながらに機能が多く、例えば、4G、3G回線を同時に利用可能となっているので、無駄なくスマートフォンを利用することが可能です。
さらにWiko g08は、120度の範囲を撮影できるようになっています。具体的には、Wiko g08に搭載されているデュアルカメラを活用することによって、自撮りもしやすいスマートフォンとなっているのです。
Wiko g08は、「HDR機能搭載」のためハイコントラストの自動調整機能もある、ユーモアなスマートフォンとして知られています。カラーも、「ブラック、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド」の4色がラインナップとなっています。”

“子どもがスマートフォンを持っている場合、口頭でフィルタリングの話をしても、「そのうちフィルタリングをかける」というだけで、本当にフィルタリングをしてくれるのかは謎です。
こんな悩みを抱えている場合は、親が代わってフィルタリングサービスを設けるようにしましょう。子どもがスマートフォンを渡してくれない性分の場合は、スマートフォンを購入する際に、スタッフに子ども用のフィルタリングサービスをお願いしておくと良いです。
なぜフィルタリングサービスが大事なのかというと、子どもの場合は、有害サイト(アダルトサイト)、ウィルスが潜む悪意あるサイトを訪れてしまうことがあるからです。このような問題の多くは、SNSなどを通じて知り合いが増えていくと、自然とオススメされることが多くなり、危険性を認識していない子どもは、ついついリンクをクリックしてしまいます。
状況によってはスマートフォンが機能しなくなることもありますので、フィルタリングサービスは、親が代わって行ってあげるのが基本です。”

“Xperia 1のディスプレイは、アスペクト比「21:9」が採用されています。
あまり見ることのないアスペクト比なのですが、Xperia 1と同様のアスペクト比では、「映画のスクリーン」が該当します。つまりXperia 1は、映画のスクリーンと同様のクオリティを利用者に届けるため、開発されたフラッグシップモデルと言えるでしょう。
ちなみに、Xperia 1以外のスマートフォンでは、ディスプレイの端に黒帯が入ってしまうようになっています。黒帯とは、アスペクト比を変えないように調整するための帯で、帯の範囲が広くなるほど「実際の画面サイズは小さくなる」というデメリットがあるのです。
Xperia 1は、映画とほぼ同じ比率を再現しているため、従来であれば余計な存在となる黒帯が入ることはありません。そのためXperia 1の購入者の多くは、既存のスマートフォンよりも、動画配信サービス(U-NEXT、Huluなど)を、もっと快適に見れるものが欲しいためXperia 1を選んだという実績があります。”

“格安スマホはすべて安いと思い込んでいる人もいますが、実際は、以下のような対処方法で、より良い格安スマホ選びを行えるようになっています。
まず安い回線を探しているのであれば、docomoの格安スマホを選んだほうが良いです。つい最近までのdocomoというと、他のキャリアに比べて高いイメージもありました。
ですが、ドコモ回線のDTISIMを選ぶと、月額基本料金1490円となりますので、実は、業界内ではトップクラスの料金設定となっているのです。補足となりますが、ドコモ回線以外を選択されると、1600円以上になりますので、年間では通信回線のみで1000円以上の損をしてしまうようになっています。
そして、通信速度にこだわる場合はUQmobileを選択すると良いでしょう。UQmobileは、通信速度が安定していると言われていますし、4Mbps以上の速度で通信が可能となっているため、良く動画視聴を行っている、インターネットを活用するソーシャルゲーム、アプリを動かす際に最適とされているのです。”

« 前ページへ次ページへ »