次ページへ »

“日本では、5G対応エリアの整備が進められています。特に日本政府は地方での5Gエリア整備を強く求めており、各携帯会社は5G電波免許を取得するにあたって総務省に5Gエリアの整備計画を提出しています。
ちなみに総務省では5Gの電波免許割り当てに際して、携帯電話各社に5年以内に5Gの基盤展開率が50%以上を実現するように求めているんです。この基盤展開率とは従来のエリア評価軸であった人口カバー率に代わる指標のこと。全国を10㎞四方に区切り、そのうち山岳地帯や海水面などを除いた事業可能性のある4500メッシュに対して、その地域の基盤となる5G高度特定基地局を整備する割合を表しています。周波数の割り当て後、2年以内に全都道府県でサービスを開始し、全国でできるだけ多くの特定基地局を開設することを目標としているのです。
評価軸が人口カバー率から基盤展開率へと変化した理由としては、5Gは従来のコミュニケーション用途だけではなく、IoTなど産業用途での活用が高く期待されているためです。これまではコミュニケーション用途として使われることが多かったため、人口が多い場所だけカバーできていればOKでした。しかし5Gにおいては産業用に使われるため、住んでいる人は少ないけれど工場や農業などがある場所や、人は住んでいないけれど自動運転などの実現に必要な道路がある場所などもしっかりとカバーしなければなりません。つまりなんらかの事業の可能性がある場所においては、できるだけ5Gエリアをカバーしなければなりません。そのため評価軸が基盤展開率へと変わったのです。
政府においては5Gを地方の社会課題解決や地方創生に活用させようとしています。地方では少子高齢化が著しいため、医療の担い手や公共交通が不足。生活に必要な社会インフラを維持するために5Gは活用できるというわけです。無線&高い性能がある5Gを活用すれば、地方においてもデジタルトランスフォーメーションを加速でき、地方における課題を解決できる可能性を秘めています。
ちなみに総務省が公開している「第5世代移動通信システム(5G)の導入のための特定基地局の開設計画の認定」をみてみると、5年以内の5G基盤展開率はNTTドコモが97.0%、KDDIが93.2%、ソフトバンクは64.0%、楽天モバイルは56.1%と申請をしています。各携帯電話会社はサービス開始から5年以内、つまり2024年度末までにこの5G基盤展開率を達成する必要があるのです。この計画は本当に達成するの?と心配になりますが、携帯電話各社は総務省に提出した申請書よりも前倒しでエリア整備を進める方針になっています。例えばNTTドコモは2023年度中に5G基盤江展開率97.0%を実現したいとしています。またKDDIは2022年3月末までに全国2万局の整備、ソフトバンクにおいては2021年度末には5万曲を超える基地局を整備する方針です。

“ドコモの新料金プランとして注目を集めている「ahamo(アハモ)」
4大キャリア会社が、次々と携帯料金の値下げをスタートさせており、ドコモの新プランahamoも2021年3月26日からサービスが開始されています。
このahamoは従来の料金プランに比べて、大幅に安くなった料金設定ということでメディアなどでも連日取り上げられ、話題となりましたよね。
では本当にahamoに変更すると、今よりも携帯料金は安くなり、お得に利用できるようになるのでしょうか?
<ahamoの料金プラン>
まずはahamoのプランを簡単に説明しますね。
ドコモはこれまで毎月のデータ容量が~7GBまでの小容量プランとデータ容量無制限の大容量プランがありました。
しかし、中容量のプランというのが存在しなかったんです。
そこで、ahamoはドコモにはなかったこの中容量プランを用意。
月額2,970円でデータ容量20GBのシンプルな料金体系です。
ギガを使い切った後は、1GBを550円で購入可能となっています。
国内通話料金は5分間無料なので使い勝手も良好。
また長電話をする人には「かけ放題オプション」も+1,100円でつけることができます。
その他、海外ローミング、デザリングなどはオプション扱いではなく、無料で利用可能です。
<利用できる特典、割引あるの?>
ドコモ回線継続利用期間や家族割などの割引はそのまま引き継ぐことができます。
しかし、ファミリー割引のグループ内通話無料に関しては、ahamo契約回線からの発信は対象外となっています。
<ahamoに変えることによるメリット>
・5分間の国内通話無料が付いている
ahamoには5分以内の国内通話であれば、何回かけても無料です。
格安スマホ会社などでは通話無料に関してはオプションになるので追加料金が発生しますが、ahamoでは元々プラン内に組み込まれています。
オプションではないので、お得感がありますね。
お店の予約で電話するなどちょっとした電話でも、5分間の国内通話無料サービスがあれば安心です。
・デザリングが無料
デザリングを使えば、ahamo回線を使ってタブレットやパソコンでもネットを使用することができます。
このデザリング機能をahamoでは上限なし、無料で使うことができるんです。
デザリング機能があれば、別途でモバイルルーターを契約する必要もないので便利ですよね。
ahamoのデザリングをうまく活用することで毎月の通信費用を節約できるでしょう。
・データを使い切っても1GB550円から追加購入が可能
ahamoのデータ容量は月に20GBです。
20GBを超過すると速度制限がかかってしまいますが、制限後でも最大で1Mbpsの速度での通信は可能です。
1Mbpsであればテキスト中心のサイトやラインのやりとり程度であれば支障なく閲覧できるので、不便ではないでしょう。
さらにギガ数が足りなくなったら、1GBを550円で追加購入することもできるので、その点も使いやすさの1つです。
・海外でも利用できる国際ローミングに対応
ahamoは海外でもそのままスマホが使える国際ローミングに対応しています。
追加料金なしで月間データ容量20GBを海外で使用できるため、ネットを気軽に利用できるんです。
海外旅行によく行く人であれば、海外用Wi-Fiルーターなどのレンタルの必要がないため非常に便利でしょう。
海外用Wi-Fiルーターは大きくかさばりますし、受け取り・返却が面倒です。
ahamo1台で気軽に旅行を楽しめるのは、旅行好きにはかなり大きなメリットと言えるでしょう。
<ahamoに変えることによるデメリット>
・申し込み、契約手続きに関してはWebで行わなければならない
ahamoの申し込み、契約手続きに関しては全てWeb上で行うことになります。
ドコモの実店舗に行っても申し込みや手続きのサポートなどは一切受けることができないのでその点は注意しましょう。
ただ、困ったこと、分からないことがあればahamoの公式サイト内のチャットサポートを利用することができます。
チャットサポートでは専用の担当者が対応してくれますが、対応に時間がかかってしまうこともあるのでその点は覚えておきたいですね。
・ドコモのメールアドレスは使用できない
ドコモからahamoにプラン変更した時点で、今まで使用していたドコモのキャリアメールは使用できなくなります。
ただ近年はLINEやGmailなどのフリーメールでやり取りする人が多いため、キャリアメールを使用している人自体が少なくなっています。
無料で利用できるLINEやフリーメールアドレスを用意しておけば、キャリアメールが使えなくなっても特に問題はないでしょう。
・引継ぎ不可の情報がある
ドコモを利用していてahamoに変更した場合、spモードコンテンツ決済サービス、ドコモメールドコモ電話帳データ保管BOX、dフォト(写真お預かり機能)、ドコモアプリデータバックアップ、いちおしパック、メロディコール、留守番電話サービスなどは引継ぎすることができません。
写真、スケジュールなどのデータは事前に移しておくことをおすすめします。
この中で特に注意しておきたいのが「留守番電話サービスが提供されない」という点。
留守番電話サービスを利用したい人は、留守番電話の代用として端末側のボイスメモやアプリをうまく活用するとよいでしょう。”

“ディスプレイ、使いやすさが評価されているハイスペックスマートフォンをお探しの人には、Apple iPhone XSがオススメです。
Apple iPhone XSは、アメリカで2018年9月に販売されたハイスペックスマートフォンの1つで、その性能の高さもありまたたく間に大人気となったiPhoneシリーズの1つでもあります。また、Apple iPhone 7に比べて性能が著しく向上したこともあり、2019年以降も売れ筋のモデルとなりました。
Apple iPhone XSですが、第一にディスプレイの性能が良いことで有名です。Apple iPhone XSのディスプレイは、5.8インチの高性能ディスプレイとなっているため、世界最高水準といっても過言ではありません。そのためApple iPhone XSは、SamsungのGalaxyシリーズとよく比較されることがあります。Galaxyシリーズも世界最高水準のディスプレイと評価されており、Apple iPhone XSは、ベゼルを極限まで無くすことに成功したデザインのため評価されているという感じです。詳細情報としては、「解像度が2,436×1,125ピクセル、有機ELディスプレイを採用、HDR10搭載」のハイスペックスマートフォンとなります。
なによりApple iPhone XSは、Apple iPhone 7と同じでコストパフォーマンスに優れているモデルです。そのため、ハイエンドモデルで失敗したくないという人からも、Apple iPhone XSの評価は高いのです。
ちなみに、ディスプレイサイズは平均的です。 Apple iPhone XS以上のものでは6.0インチ以上も存在しますので、ディスプレイサイズが気になる人はSamsung Galaxy10を選ばれたほうがよいかもしれません。
このようにハイスペックスマートフォンそのままなApple iPhone XSですが、欠点のないハイスペックスマートフォンではありません。Apple iPhone XSは、「バッテリー性能が2,658mAh」となっているので注意してください。ミドルレンジモデルでも、今では3,000mAhが珍しくありませんので、正直なところApple iPhone XSのバッテリー性能はいまひとつです。
ですが、Apple iPhone XSのカメラ性能はデジカメ以上とも言われ、ハイスペックスマートフォンに新しい価値観を生み出したのは事実でしょう。Apple iPhone XSは、素人でもプロのような写真が撮影できるほどのスペックを誇ります。”

“オススメのセキュリティソフトというと、有料セキュリティソフトが良くでてきます。ですが、無料セキュリティソフトの中にも使いやすいものは多く含まれるので、今回はオススメのものを案内していきます。
オススメの無料セキュリティソフト1は、「AVL」です。無料セキュリティソフトといっても、不正なアプリかチェックすることが可能なセキュリティソフトとなっているので、とりあえずウイルス対策したいという人であれば、AVLをインストールしても問題ないでしょう。AVLの優れているところは、国際的にも評価されているところです。
実際に、国際的機関「AV-Test.org」のテストをクリアしている無料セキュリティソフトのため、認知度の高い無料セキュリティソフトをインストールしたい人でも、AVLであれば安心してインストールできるでしょう。
オススメの無料セキュリティソフト2は、「Avast Mobile Security & Antivirus」です。Avastと呼ばれる無料セキュリティソフトとして有名なもののアプリ版で、Free Wi-Fiにも対応している無料セキュリティソフトです。Free Wi-Fiは誰でも利用できるWi-Fiなのですが、安全性が担保されているわけではありません。
そのため今では、Avast Mobile Security & Antivirusを用いることによって、安全なFree Wi-Fiかチェックする人が増えてきました。Avast Mobile Security & Antivirusは、他にも不正なアプリかチェックする、不正なインターネットサイトではないか監視する機能を搭載しているので、無料でバラエティ豊かなセキュリティソフトをインストールしたい人であれば、Avast Mobile Security & Antivirusがオススメです。
オススメの無料セキュリティソフト3は、「AVG アンチウイルス」です。こちらも
セキュリティソフト「AVG」のアプリ版として配布されているのですが、他の無料セキュリティソフトと比べて特殊な一面があります。
例えば、不正なアプリやインターネットサイトに対応しているだけでなく、AVG アンチウイルスは、リモートでスマートフォンをロックする、リモートでデータを削除することが可能なのです。スマートフォンを紛失してしまった時でも、AVG アンチウイルスをインストールしていれば安心でしょう。
他にも、無駄な動作を取っているアプリがある場合は、AVG アンチウイルスを通じて監視・停止できるようになっています。”

“リーズナブルな価格帯で高性能の充実した機能が搭載されたGalaxy A41シリーズは世界的にヒットを飛ばしました。今回Galaxy A41シリーズのニューバージョンGalaxy A51 5Gが11月に発売されることになりました。ではGalaxy A51 5Gは、Galaxy A41から何が進化したのでしょうか?ここではGalaxy A51 5GとGalaxy A41のスペックの違いを比較してみましょう。
搭載されているカメラはGalaxy A41は3つなのに対し、Galaxy A51 5Gはマクロカメラを追加した全部で4つのカメラを搭載しています。ではセルフィーを撮影する際に使用するインカメラはどうでしょうか?Galaxy A4では25MPのインカメラがついており、高精細の美しいセルフショットを撮影することができますよ。ライブフォーカス機能を利用すれば背景を優しくぼかすことができるので、表情がさらに際立ちますよ。一方、Galaxy A51 5Gでは3,200万画素のインカメラに加えて、Galaxyシリーズならではの美肌モードを搭載しています。被写体を際立たせるセルフィー撮影が楽しめそう。ライブフォーカス機能を利用すれば背景をやさしくぼかすことができる機能は、A41とA51ともについています。
さらに注目したいのがGalaxy A51 5Gではプロのようななめらかで安定した撮影ができる機能がついていること。Galaxy A51 5Gでは超広角カメラとAIを駆使して、アクションカメラさながらの大迫力の映像を記録することができますよ。スーパー手振れ補正機能によって、動きが激しい被写体を撮影する動画もなめらかな映像として残すことができるでしょう。アクティブ環境下での撮影が多い方には非常に便利な機能ですね。この機能はGalaxy A41にはないので、ぜひ注目しておきたいです。
次にバッテリー容量について比較してみましょう。バッテリー容量は多ければ多いほど越したことはありませんよね。バッテリーが長持ちしないとなると、頻繁に充電しなければいけませんし、いざという時にバッテリーがない・・となると困るもの。Galaxy A41は途中で充電しなくても長持ちするバッテリーを搭載しており、その容量は3,500mAhとなっています。またバッテリー残量が少なくなり始めたら、充電時には最大15Wの急速充電が可能になっています。
一方、新しく発売されるGalaxy A51 5Gでは、1日中持ち歩いても安心の大容量バッテリーを搭載。その容量はGalaxy A41シリーズを上回る4,500mAhとなっています。急速充電については最大15Wでの充電が可能になるので、こちらはA41とA51で同じになります。Galaxy A51 5GはA41に比べてバッテリー容量も増えているので、充電の心配はさらに少なくなりますね。バッテリGalaxy A51公式サイトはこちらー量、カメラの性能だけを考えても、Galaxy A51 5Gがいかに進化しているのかが良く分かりますね。”

“親の中には、「なんで子どもにスマートフォンが必要なの?」という方と、「子どもだからこそスマートフォンは必要」という見方が存在します。
実際に、「平成30年度版の青少年のインターネット利用環境実態調査調査結果」を参考にすると、子どもとスマートフォンの関係が、昔に比べて密接になっていることがわかります。
まず、子どもの多くはスマートフォンを所持している・・・と言われていますが、実際は「2人に1人がスマートフォンを所持している」だけなので、それほど多くの子どもがスマートフォンを所持しているわけではありません。先ほどの調査結果を参考にすると、約46%の子どもがスマートフォンを所持しているだけで、その他の子どもについては、「まだインターネットは早い」という親の了見で、購入を控えているケースが目立つのです。
ただ、先ほどの話は小学生とスマートフォンの話なので、子ども全体でスマートフォンをあまり所持していないわけではありません。中学生になると70%以上がスマートフォンを所持しているとされ、高校生になると、さらに多くの人がスマートフォンを所持するようになるのです。
これは、小学生高学年から「社会生活に慣れさせる目的でスマートフォンを与える」親が増えてきたからです。そのため、スマートフォンデビューは小学生に多い・・・というのは、こちらの事実を知っていると本当のことであることがわかるでしょう。
ただし、子どもの多くが自由にスマートフォンを選んでいるわけではありません。親としてもプラン料金などを節約したいため、子ども用のスマートフォンは「子ども用端末」から選んでいることが多いです。
社会人のように専用端末を所持している割合では、子どもの場合は約36%とされているので、多いようで多くありません。今では、スマートフォンが安くなったと言われていますが、それでも、端末代金のみで3万円台のものが多い状況です。
子ども用端末であれば2万円以内で購入できるスマートフォンが多いので、このような状況になっているにもうなづけます。
また、子どもにとってのスマートフォンの価値ですが、「動画視聴やゲーム」によって、その価値が高まっている状況です。スマートフォンはアプリインストールのみでゲームを楽しめたり、無料で動画視聴できるサービスが多いため、このような状況になっています。
ちなみに、子どもの70%以上がスマートフォンを通じてゲームを楽しんでいるため、親としては、「遊び目的でスマートフォンを持たせたくない」という意見が増えてきました。最新スマートフォンでは、このような声を汲み取って、親のほうでスマートフォンを使用できる時間を制限できる、もしくは、子どもがどんなアプリをどれだけ使用しているのか確認できる、そんなサービスも導入しています。
他にも、スマートフォンを通じて知らない人とコミュニケーションを取れるなど、スマートフォン特有のストレスについても、親のほうで制限することが可能です。”スマートフォンメモリ

“コストパフォーマンスで選ばれているGalaxyシリーズですが、新作モデルとして人気の高いスマートフォンがGalaxy A30です。
Galaxy A30は、Galaxy S10・S10+と同じタイミングで発売されたモデルです。Galaxy A30は、コストパフォーマンスに優れるモデルと言われていますが、その理由は、S10・S10+の半分程度で販売されているからです。
しかも、スマートフォンとして要求されるスペック、機能を備えているので、バランスの良いスマートフォンを求めている人にとっては、Galaxy A30は最良のアイテムかもしれません。そんなGalaxy A30の基本スペック情報ですが、「本体サイズが約160mmx約75mmx約8.0mm、画面サイズは約6.4インチ、重量約176g」となっています。
Galaxyシリーズのスマートフォンは、全体的にワイドボディタイプのモデルが多いので、操作性を重視してスマートフォン選びを進めている人の場合、中々Galaxyシリーズ以上のものは見つかりません。しかもGalaxy A30の処理性能は、「CPUがExynos7904、RAM・ROMはRAM4GB、ROM64GB、バッテリーは約3900mAh」となっておりますので、ハイスペックスマートフォンに引けをとらないモデルとなっているのです。
そのためGalaxy A30は、今でも人気のスマートフォンとして有名なのです。ただし、カメラ性能についてはスペックが、「アウトカメラはデュアルカメラで約1300万画素・約500万画素、インカメラは約800万画素」となっております。
カメラ性能は他のスマートフォンよりも高い・・・というわけではないので、こちらに妥協できる人であれば、Galaxy A30はより他のスマートフォンよりも良いアイテムとなるでしょう。ただし、Galaxy A30はデュアルカメラ搭載となっているので注意してください。
というのも、ミドルレンジモデルでは標準とされているデュアルカメラ搭載機種は、現状でも、それほど多くないからです。現状のスマートフォンは玉石混交となっているので、安い代わりにデュアルカメラなど、カメラ性能をぐっと引き下げているものもあります。
しかもGalaxy A30は、デュアルカメラだけでなく「AIカメラ搭載機種」でもあるのです。AIによって撮影シーンの判断が行われるようになっているので、被写体に対して最適な設定で写真撮影を行うことができます。
ミドルレンジモデルでは今のところ、勇み足を嫌ってAI機能を充実させていないスマートフォンは多いです。その他の特徴では、Galaxy A30は「おサイフケータイ、防水防塵対応のスマートフォン」となっているので、キャッシュレス決済対応のスマートフォンで、且つ、丈夫なものを探している人にも、Galaxy A30をオススメすることができます。”

“通信制限とは、通信データ容量のことです。
例えば、テレビコマーシャルでは「5ギガ、10ギガの制限」について案内しているものが多く、通信制限に引っかかるほどの利用をされていると、急に通信速度が激減してしまうこともあります。ですが、格安スマホのブランドの中には、安定した通信速度を提供する代わりに、通信制限についてゆるい企業が多いのです。
格安スマホを取り扱っているのはMVNOと呼ばれる、au、Softbankという大手キャリアのサブブランドです。格安のスマートフォンを売っているだけ・・・で、サービスは良くないと思われることも多いのですが、実は、様々なプランが用意されているので、自分のデータ通信量に見合った格安スマホは見つかりやすかったりします。
なので、MVNOで格安スマホをゲットしたい場合は、まず通信制限の内容を確認するようにしましょう。良くわからない場合は、格安スマホを販売している店舗で質問をすると良いです。”

“現代において最も注目されている新技術というと、人工知能を活用するAI技術は欠かすことができません。
AI技術は、交通インフラなど大規模システムの中で活用されているイメージもありますが、大手企業であれば、AI技術を駆使していないケースのほうが減ってきました。スマートフォンの場合も同じで、ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、人工知能によるパフォーマンス向上が可能となっています。
例えば、カメラの撮影シーンにもAI技術が組み込まれているので、ASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、自動で撮影シーンを最適化することが可能になっています。しかもASUS ZenFone 5 ZE620KL-BK64S6は、過充電を無くすことも可能となっているので、「ASUS BoostMaster」によってバッテリー劣化を防げるようになっているのです。
その他では、周囲の音量に合わせて通知音の調整が可能な「AI着信音」にも対応しています。”Galaxyスマートフォンと他ブランドスマートフォンの比較

“Wiko g08は、「DSDS」と呼ばれるSIMカードの2枚挿入に対応しているスマートフォンです。
しかも今では、型落ちスマートフォンとしても有名で、安く買えるスマートフォンの1つとされています。Wiko g08は、コンパクトサイズながらに機能が多く、例えば、4G、3G回線を同時に利用可能となっているので、無駄なくスマートフォンを利用することが可能です。
さらにWiko g08は、120度の範囲を撮影できるようになっています。具体的には、Wiko g08に搭載されているデュアルカメラを活用することによって、自撮りもしやすいスマートフォンとなっているのです。
Wiko g08は、「HDR機能搭載」のためハイコントラストの自動調整機能もある、ユーモアなスマートフォンとして知られています。カラーも、「ブラック、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド」の4色がラインナップとなっています。”

次ページへ »