ヤマハは7月10日、ウェブ会議や電話会議などの遠隔コミュニケーションのための、会話の品質に着目したポータブルスピーカーフォン「YVC-200」を、9月に発売すると発表しました。ホワイトとブラックの2色が用意され、価格は3万円(税別)となります。この製品はマイク、スピーカに加え音声信号処理を内蔵し、遠隔会議が利用可能なPCやスマートフォン、タブレットに接続するだけで対話ができるポータブルスピーカーフォンです。専用ドライバーのインストールが不要なUSBと、NFC機能搭載Bluetoothの2つの接続方法に対応し、最大10時間の連続通話が可能なリチウムイオンバッテリも搭載しています。小型軽量なのでオフィス内だけではなく、場所を選ばずに利用ができるのもメリットです。同社では中~大規模会議まで対応する「YVC-1000」、6名程度の小規模会議向けの「YVC-300」が現行モデルとして発売中です。YVC-200は、個人から数名程度を想定したモデルとなっています。遠隔操作

Leave a Reply