“日本では、5G対応エリアの整備が進められています。特に日本政府は地方での5Gエリア整備を強く求めており、各携帯会社は5G電波免許を取得するにあたって総務省に5Gエリアの整備計画を提出しています。
ちなみに総務省では5Gの電波免許割り当てに際して、携帯電話各社に5年以内に5Gの基盤展開率が50%以上を実現するように求めているんです。この基盤展開率とは従来のエリア評価軸であった人口カバー率に代わる指標のこと。全国を10㎞四方に区切り、そのうち山岳地帯や海水面などを除いた事業可能性のある4500メッシュに対して、その地域の基盤となる5G高度特定基地局を整備する割合を表しています。周波数の割り当て後、2年以内に全都道府県でサービスを開始し、全国でできるだけ多くの特定基地局を開設することを目標としているのです。
評価軸が人口カバー率から基盤展開率へと変化した理由としては、5Gは従来のコミュニケーション用途だけではなく、IoTなど産業用途での活用が高く期待されているためです。これまではコミュニケーション用途として使われることが多かったため、人口が多い場所だけカバーできていればOKでした。しかし5Gにおいては産業用に使われるため、住んでいる人は少ないけれど工場や農業などがある場所や、人は住んでいないけれど自動運転などの実現に必要な道路がある場所などもしっかりとカバーしなければなりません。つまりなんらかの事業の可能性がある場所においては、できるだけ5Gエリアをカバーしなければなりません。そのため評価軸が基盤展開率へと変わったのです。
政府においては5Gを地方の社会課題解決や地方創生に活用させようとしています。地方では少子高齢化が著しいため、医療の担い手や公共交通が不足。生活に必要な社会インフラを維持するために5Gは活用できるというわけです。無線&高い性能がある5Gを活用すれば、地方においてもデジタルトランスフォーメーションを加速でき、地方における課題を解決できる可能性を秘めています。
ちなみに総務省が公開している「第5世代移動通信システム(5G)の導入のための特定基地局の開設計画の認定」をみてみると、5年以内の5G基盤展開率はNTTドコモが97.0%、KDDIが93.2%、ソフトバンクは64.0%、楽天モバイルは56.1%と申請をしています。各携帯電話会社はサービス開始から5年以内、つまり2024年度末までにこの5G基盤展開率を達成する必要があるのです。この計画は本当に達成するの?と心配になりますが、携帯電話各社は総務省に提出した申請書よりも前倒しでエリア整備を進める方針になっています。例えばNTTドコモは2023年度中に5G基盤江展開率97.0%を実現したいとしています。またKDDIは2022年3月末までに全国2万局の整備、ソフトバンクにおいては2021年度末には5万曲を超える基地局を整備する方針です。

“ドコモの新料金プランとして注目を集めている「ahamo(アハモ)」
4大キャリア会社が、次々と携帯料金の値下げをスタートさせており、ドコモの新プランahamoも2021年3月26日からサービスが開始されています。
このahamoは従来の料金プランに比べて、大幅に安くなった料金設定ということでメディアなどでも連日取り上げられ、話題となりましたよね。
では本当にahamoに変更すると、今よりも携帯料金は安くなり、お得に利用できるようになるのでしょうか?
<ahamoの料金プラン>
まずはahamoのプランを簡単に説明しますね。
ドコモはこれまで毎月のデータ容量が~7GBまでの小容量プランとデータ容量無制限の大容量プランがありました。
しかし、中容量のプランというのが存在しなかったんです。
そこで、ahamoはドコモにはなかったこの中容量プランを用意。
月額2,970円でデータ容量20GBのシンプルな料金体系です。
ギガを使い切った後は、1GBを550円で購入可能となっています。
国内通話料金は5分間無料なので使い勝手も良好。
また長電話をする人には「かけ放題オプション」も+1,100円でつけることができます。
その他、海外ローミング、デザリングなどはオプション扱いではなく、無料で利用可能です。
<利用できる特典、割引あるの?>
ドコモ回線継続利用期間や家族割などの割引はそのまま引き継ぐことができます。
しかし、ファミリー割引のグループ内通話無料に関しては、ahamo契約回線からの発信は対象外となっています。
<ahamoに変えることによるメリット>
・5分間の国内通話無料が付いている
ahamoには5分以内の国内通話であれば、何回かけても無料です。
格安スマホ会社などでは通話無料に関してはオプションになるので追加料金が発生しますが、ahamoでは元々プラン内に組み込まれています。
オプションではないので、お得感がありますね。
お店の予約で電話するなどちょっとした電話でも、5分間の国内通話無料サービスがあれば安心です。
・デザリングが無料
デザリングを使えば、ahamo回線を使ってタブレットやパソコンでもネットを使用することができます。
このデザリング機能をahamoでは上限なし、無料で使うことができるんです。
デザリング機能があれば、別途でモバイルルーターを契約する必要もないので便利ですよね。
ahamoのデザリングをうまく活用することで毎月の通信費用を節約できるでしょう。
・データを使い切っても1GB550円から追加購入が可能
ahamoのデータ容量は月に20GBです。
20GBを超過すると速度制限がかかってしまいますが、制限後でも最大で1Mbpsの速度での通信は可能です。
1Mbpsであればテキスト中心のサイトやラインのやりとり程度であれば支障なく閲覧できるので、不便ではないでしょう。
さらにギガ数が足りなくなったら、1GBを550円で追加購入することもできるので、その点も使いやすさの1つです。
・海外でも利用できる国際ローミングに対応
ahamoは海外でもそのままスマホが使える国際ローミングに対応しています。
追加料金なしで月間データ容量20GBを海外で使用できるため、ネットを気軽に利用できるんです。
海外旅行によく行く人であれば、海外用Wi-Fiルーターなどのレンタルの必要がないため非常に便利でしょう。
海外用Wi-Fiルーターは大きくかさばりますし、受け取り・返却が面倒です。
ahamo1台で気軽に旅行を楽しめるのは、旅行好きにはかなり大きなメリットと言えるでしょう。
<ahamoに変えることによるデメリット>
・申し込み、契約手続きに関してはWebで行わなければならない
ahamoの申し込み、契約手続きに関しては全てWeb上で行うことになります。
ドコモの実店舗に行っても申し込みや手続きのサポートなどは一切受けることができないのでその点は注意しましょう。
ただ、困ったこと、分からないことがあればahamoの公式サイト内のチャットサポートを利用することができます。
チャットサポートでは専用の担当者が対応してくれますが、対応に時間がかかってしまうこともあるのでその点は覚えておきたいですね。
・ドコモのメールアドレスは使用できない
ドコモからahamoにプラン変更した時点で、今まで使用していたドコモのキャリアメールは使用できなくなります。
ただ近年はLINEやGmailなどのフリーメールでやり取りする人が多いため、キャリアメールを使用している人自体が少なくなっています。
無料で利用できるLINEやフリーメールアドレスを用意しておけば、キャリアメールが使えなくなっても特に問題はないでしょう。
・引継ぎ不可の情報がある
ドコモを利用していてahamoに変更した場合、spモードコンテンツ決済サービス、ドコモメールドコモ電話帳データ保管BOX、dフォト(写真お預かり機能)、ドコモアプリデータバックアップ、いちおしパック、メロディコール、留守番電話サービスなどは引継ぎすることができません。
写真、スケジュールなどのデータは事前に移しておくことをおすすめします。
この中で特に注意しておきたいのが「留守番電話サービスが提供されない」という点。
留守番電話サービスを利用したい人は、留守番電話の代用として端末側のボイスメモやアプリをうまく活用するとよいでしょう。”