“Wiko g08は、「DSDS」と呼ばれるSIMカードの2枚挿入に対応しているスマートフォンです。
しかも今では、型落ちスマートフォンとしても有名で、安く買えるスマートフォンの1つとされています。Wiko g08は、コンパクトサイズながらに機能が多く、例えば、4G、3G回線を同時に利用可能となっているので、無駄なくスマートフォンを利用することが可能です。
さらにWiko g08は、120度の範囲を撮影できるようになっています。具体的には、Wiko g08に搭載されているデュアルカメラを活用することによって、自撮りもしやすいスマートフォンとなっているのです。
Wiko g08は、「HDR機能搭載」のためハイコントラストの自動調整機能もある、ユーモアなスマートフォンとして知られています。カラーも、「ブラック、ゴールド、ディープ・ブリーン、チェリー・レッド」の4色がラインナップとなっています。”

“子どもがスマートフォンを持っている場合、口頭でフィルタリングの話をしても、「そのうちフィルタリングをかける」というだけで、本当にフィルタリングをしてくれるのかは謎です。
こんな悩みを抱えている場合は、親が代わってフィルタリングサービスを設けるようにしましょう。子どもがスマートフォンを渡してくれない性分の場合は、スマートフォンを購入する際に、スタッフに子ども用のフィルタリングサービスをお願いしておくと良いです。
なぜフィルタリングサービスが大事なのかというと、子どもの場合は、有害サイト(アダルトサイト)、ウィルスが潜む悪意あるサイトを訪れてしまうことがあるからです。このような問題の多くは、SNSなどを通じて知り合いが増えていくと、自然とオススメされることが多くなり、危険性を認識していない子どもは、ついついリンクをクリックしてしまいます。
状況によってはスマートフォンが機能しなくなることもありますので、フィルタリングサービスは、親が代わって行ってあげるのが基本です。”

“Xperia 1のディスプレイは、アスペクト比「21:9」が採用されています。
あまり見ることのないアスペクト比なのですが、Xperia 1と同様のアスペクト比では、「映画のスクリーン」が該当します。つまりXperia 1は、映画のスクリーンと同様のクオリティを利用者に届けるため、開発されたフラッグシップモデルと言えるでしょう。
ちなみに、Xperia 1以外のスマートフォンでは、ディスプレイの端に黒帯が入ってしまうようになっています。黒帯とは、アスペクト比を変えないように調整するための帯で、帯の範囲が広くなるほど「実際の画面サイズは小さくなる」というデメリットがあるのです。
Xperia 1は、映画とほぼ同じ比率を再現しているため、従来であれば余計な存在となる黒帯が入ることはありません。そのためXperia 1の購入者の多くは、既存のスマートフォンよりも、動画配信サービス(U-NEXT、Huluなど)を、もっと快適に見れるものが欲しいためXperia 1を選んだという実績があります。”

“格安スマホはすべて安いと思い込んでいる人もいますが、実際は、以下のような対処方法で、より良い格安スマホ選びを行えるようになっています。
まず安い回線を探しているのであれば、docomoの格安スマホを選んだほうが良いです。つい最近までのdocomoというと、他のキャリアに比べて高いイメージもありました。
ですが、ドコモ回線のDTISIMを選ぶと、月額基本料金1490円となりますので、実は、業界内ではトップクラスの料金設定となっているのです。補足となりますが、ドコモ回線以外を選択されると、1600円以上になりますので、年間では通信回線のみで1000円以上の損をしてしまうようになっています。
そして、通信速度にこだわる場合はUQmobileを選択すると良いでしょう。UQmobileは、通信速度が安定していると言われていますし、4Mbps以上の速度で通信が可能となっているため、良く動画視聴を行っている、インターネットを活用するソーシャルゲーム、アプリを動かす際に最適とされているのです。”