“これからスマートフォンの買い替えを検討している方は、以下のような機能を持つスマートフォンを購入されるのも良いでしょう。
便利なスマートフォンの機能その1は、「テレビ受信の方法」です。これはワンセグと呼ばれていた機能なのですが、今では「フルセグ」という名称で案内されているスマートフォンが多いので注意してください。
また、ワンセグの機能についてはあるよりも無いほうが良いという意見もあります。というのも、国内の場合はワンセグの機能ありでテレビの受信料を請求されるなど、受信される局によってはトラブルが起きることもあるからです。
便利なスマートフォンの機能その2は、「MHL」です。聞き慣れないワードかもしれませんが、MHLはHDMIと同じような機能で、MHLの場合は、HDMIと同じことが可能となっているだけでなく、実は、HDMIよりも「microUSB端子で機能を兼ねている」という特徴があります。
つまり、MHLのほうがコンパクトな設計となっているのです。”

“Softbank みまもりケータイ4は、カラーバリエーションも評価されている子ども向けスマートフォンで、バリエーションはライトブルー、ライトピンク、ホワイトとなっているため、女子向けの要素も兼ね備えているスマートフォンです。
しかも、他のキッズスマホでは真似できない機種代金のため、機種代金のみでは280円の× 24回払い、総額では6720円しかかからないスマートフォンとなっています。参考となるキッズスマホの平均価格では、12000円のスマートフォンが目立つため、Softbank みまもりケータイ4を選ぶ人が多いのは当然のことかもしれません。
Softbank みまもりケータイ4は、月額料金も490円と他のものより安いため、スマートフォンの料金についてシビアな考えを持っている人にもオススメです。他にも、Softbank みまもりケータイ4は位置情報機能、防水や防塵機能も備わっていますし、VoLTE対応機種のため、音質が良いスマートフォンに仕上がっています。”

“災害を通じて知られるようになった現実に、コンセント不足というものがあります。
そのため今では、「小型電源タップ」をあえて用意しておく人が増えてきました。小型電源タップは、AC電源、USB電源に対応しているタップのことで、接続するだけで電源タップとして使用できるようになっています。
また、どうして両方の電源が付いているものを選ぶのかというと、それは、「軽量化に成功している」からです。実際にAC電源と小型電源タップを比較するとわかるのですが、従来のAC電源は重たいだけでなく、故障しやすいものが多かったり、ケーブルが傷みやすいなどの問題を抱えています。
その分だけ、ケーブルが長いといったメリットもあるのですが、災害時は小型電源タップのような軽量で壊れにくい、様々な電源に対応しているものがないと、電源の数が足りない・・・という状況になるのです。そのため今では、小型電源タップの売り上げが上がってきました。”

“ASUS ZenFone Live L1 ZA550KL-BK32の特徴は、アウトカメラの画素数が1300万、インカメラの画素数が800万となっているところでしょう。
ASUS ZenFone Live L1 ZA550KL-BK32のような格安スマホの場合、どうしてもカメラ機能、もしくはストレージ容量に対して、なんらかの問題が見つかる・・・ということが多いです。しかしASUS ZenFone Live L1 ZA550KL-BK32は、格安スマホなのに機能、スペックに妥協していない特徴があるため、今でも、ASUS ZenFoneシリーズを購入する人は多いのです。
その他では、ASUS ZenFone Live L1 ZA550KL-BK32は、インカメラで顔認証をすることも可能になっているので、スマートフォンに慣れていない人でも、安心して手軽に端末ロックを解除できるようになっています。”