ASUS ROG Phoneのボディは、ゲーミングブランドROGシリーズのデザインと共通したゲームを快適に楽しめるデザインになっています。背面はガラスで覆われており、ゲームを長時間した時にも安心な放熱用のヒートシンクがついています。ゲームをしているとつい熱中してしまい、気づいたら本体が熱くなっていたという経験がある方も多いでしょう。こうした放熱用シートがついていると安心して使えますね。また中央にはROGシリーズならではのロゴがはいっていたり、指紋認証センサーやカメラのデザインもゲーミングスマホらしい、使い勝手に特化したものとなっています。ゲームを楽しむ人のためにつくられたゲーミングスマホ、これは期待できますね。またバーチャルサラウンド再生にも対応しているので、スピーカーはもちろんお使いのイヤフォンでもリアルなバーチャルサラウンドを楽しむことができます。こうした細かい点まで考えて作られたのがASUSのROG phoneです。

前モデルTORQUE G03とG04を自転車のカメラを付けて、走りながら撮影した動画を比べてみると分かるのですが、手ブレ修正機能がかなり進化しています。走りながら撮った場合、普通はブレてしまいどこのを走っているか分かりにくいのですが、G04の手ブレ修正機能ではほとんどブレずに撮影が可能になっています。動画を撮影する機会が多い方、自転車にぶら下げた状態でどこを走っているか記録しておきたい方、アウトドアでもブレずに綺麗に撮れるカメラをお探しの方にTORQUE G04はおすすめです。また夜に走る場合でも、暗所モードという機能があるので光の量を調整し、綺麗に撮影してくれます。G04では、光量に対する感度はレベルアップしていますが、解像度でみると若干物足りなさを感じるかもしれません。解像度よりも手ブレ修正機能を重視して選びたい方におすすめです。大きな画面で撮影するよりも動画を多く撮る方に向いています。

2019年6月中旬に発売されるXperiaシリーズ最新機種「Xperia1 so-03L」の魅力は、なんといっても画面比率21:9のシネマワイドディスプレイにあります。映画やゲームを思う存分楽しめる想像を超える没入感と臨場感は、一度ハマったらなかなか抜け出せないかもしれません。今までのXperiaX21と画面サイズを比較すると分かるのですが、ニュース記事やSNSなども一度に表示される情報量が増えたことで、非常に使いやすくなりました。特に、スマホでルートを調べる時に全体の位置を表す部分が増えたので見やすく検索しやすい点も魅力です。またSONYならではの高画質技術を余すところなく詰め込んだ4K動画は、スマートフォンの常識を超える圧巻の高画質となっています。普段から動画やゲームを楽しむ方には最高のスマートフォンと言えるでしょう。世界初となる4K、かつHDR対応の有機ELディスプレイを思う存分お楽しみください。