新日鉄住金ソリューションズ株式会社(以下、NSSOL)と日本ビジネスシステムズ株式会社(以下、JBS)は10月31日、働き方改革支援サービスの提供において協業すると発表しました。コラボレーション環境の提供、クライアント管理、高度なセキュリティ対策を中心に、すでに実案件での協業を開始しているということです。JBSとNSSOLでは、こうした両社の強みを生かし、Microsoft 365を中核として、コラボレーション環境にクライアント管理やセキュリティ対策も加えた統合ソリューションを提供し、企業の働き方改革推進に貢献するとしているのです。具体的には、まず、JBSが取り扱っているOffice 365をはじめとするマイクロソフトソリューションや、NSSOLの文書管理ソリューションを中心に協業することで、大規模な顧客に対するコラボレーションの基盤作りを支援するとしたのです。また、NSSOLが大規模実績を持つDaaS/VDIサービスに、JBSの提供しているPC端末のライフサイクル管理、Windows 10関連のサービスを組み合わせ、快適かつ安全なクライアント環境の提供を図る考えです。参照URL

“滋賀県は、乗用車の自動運転の実証実験を12月に草津市野路東1丁目の立命館大びわこ・くさつキャンパスで行います。高齢社会の進展を受け、家からバス停、バス停からコンビニといった短距離での利用を想定するものです。国や県、県南部の6市とバス会社などでつくる「大津湖南エリア地域公共交通活性化協議会」が実施します。昨年11月に東近江市の奥永源寺地域で自動運転バスの実証実験があったのですが、乗用車タイプでの実験は県内で初めてとのことです。実験では、電気自動車やガソリン車でキャンパス内の歩道約700メートルを時速15キロで走行します。主に使用するゴルフカートに似た電気自動車にはハンドルやアクセル、ブレーキがなく、内蔵した3次元地図を基に完全な自動運転で走行し、車両上部のセンサーで人や障害物を検知すると自動停止する仕組みで、安全のため人が遠隔操作でバックアップするということです。一般道での導入時期や地域については未定で、将来はスマートフォンで車を呼び、目的地を設定して自動運転させることも視野に入れるということです。

働き方改革」を進めるため、行政や経済団体などが取り組みについて話し合う会議が岡山市で開かれました。時間外労働の上限規制へ…岡山で「働き方改革」を話し合う会議です。2015年に立ち上がった「おかやま働き方改革会議」には、岡山労働局や岡山県、岡山県経営者協会などが参加しています。来年4月から時間外労働は原則、月45時間、年間360時間以内に抑えるということです。今年6月に働き方改革関連法が成立し、一部の業種を除いて、来年4月から時間外労働の上限規制が導入されます。これによって時間外労働は原則、月45時間、年間360時間以内に抑えることが求められます。会議では、ルールの変更点のほか「働き方改革」に取り組む企業に向けた助成制度や相談窓口について情報を共有しました。また、先進的な取り組みを広めるため、優れた企業を表彰する制度を設けることを確認しました。時短は働き方改革の中でも目玉として注目されています。時短だけではなく仕事の効率化で損失を時短による損失を抑えなくてはいけないからです。遠隔操作