日産自動車は2018年10月10日、同社が開発した逆走報知ナビゲーション技術のライセンスをパイオニアに供与したと発表しました。パイオニアは2018年秋に発売する法人向けカーナビゲーションシステムを皮切りに、製品に広く展開していきます。逆走報知ナビゲーション技術は、2010年11月に発売した「フーガ ハイブリッド」に初採用され、現在は日産自動車の全ての純正装着用とディーラー装着用のカーナビゲーションシステムに搭載されています。NEXCO西日本と共同開発した技術となり、開発当時は「世界初」(日産自動車)の機能で、NEXCO東日本と中日本の協力を得て、全国の高速道路で作動状況を確認したのです。同技術は、地図上で車両の進行方向にある高速道路の分岐、合流に逆走判定エリアをリアルタイムに生成し、その判定エリアを一度通過した後で再度進入した場合に逆走と判断します。逆走した場合には、音声やカーナビゲーションシステムの画面でドライバーに警告を発するというものです。特徴は、既存の地図データベース部分に変更を加えず、プログラム処理の追加のみで逆走の検知を実現したことだということです。

マーケティングオートメーションツールを導入する企業は数多くあり、その多くは求めていた効果を感じたり得たりしています。
そのマーケティングオートメーションツールの一つに「Adobe Marketing Cloud」というツールがあり、Adobeの強みとなっているクリエイティブ領域のマーケティングと連携させることができますし、クロスチャネルによるマーケティングから広告自動取引まで対応している便利なツールです。
このマーケティングオートメーションツールは価値ある広告エクスペリエンス制作を効率化させることができますし、人工知能やデータの統合によって戦略に基づいた検索マーケティングを展開することができます。
また、検索マーケティングをスマートに管理することができますので他のマーケティングオートメーションツールより一歩先を行くことも可能となります。
こうしたマーケティングオートメーションツールは非常に高い効果が得られるので注目されていると言えます。

人的なマーケティングのオペレーション部分を効率化させたり自動化させたりするために開発されたのがマーケティングオートメーションツールです。
このマーケティングオートメーションツールは見込み客を獲得して情報を一元管理することができます。
また、マーケティングオートメーションツールは営業部門とマーケティング部門の悩みを解決することが可能です。
営業部門での悩みはアプローチするリストが無かったり追客する時間がなかったりすることがありますし、マーケティング部門ではマーケティング知識がなかったり施策をうつ予算がなかったりするということがあります。
また、どちらの部門でも施策を回すリードがなかったりサイトにアクセスがなかったりという問題が出てくることもあります。
こうした悩みや問題はマーケティングオートメーションではよくあることですので、早めにマーケティングオートメーションツールを導入したほうが良いと言えます。