物流大手の福山通運(広島県福山市)は10月から順次、日曜日の荷物の集荷・配達を取りやめることを9月21日に発表しました。人手不足が深刻で働き方改革も叫ばれる中、トラック運転手が休みやすい環境を作り、人材確保につなげることを狙います。日曜を配達の定休日とするのは、物流大手では初の取り組みです。福山通運の担当者によると、新規顧客からの日曜集荷・配達の受注は10月に停止し、現在取引がある顧客に対しては2019年1月から日曜のサービスをやめます。福山通運における通常配送の日曜配達の売上高は配達全体の1%程度で、運転手や仕分け作業員の稼働効率が平日と比べて低かったこともあり、中止に踏み切りました。なお、チャーター便や引っ越し、ルート配送など一部のサービスは日曜日の配達を継続します。事前に計画が立てやすいサービスに絞ることで、人手の確保を図ります。支店・営業所への荷物の持ち込みや引き取りについても、一部の支店・営業所を除いて日曜日も対応します。

職場に出勤しないで自宅で仕事したり共有オフィスでパソコンを使って仕事したりするのがテレワークです。
このテレワークを普及させようとして取り組み始めたのがテレワーク週間です。
テレワークでは遠隔サポートが欠かせないものとなりますので、様々なシーンで活躍することが予想されます。
そもそも、テレワーク週間を始めたのは東京オリンピック・パラリンピックが深く関係しています。
東京オリンピック・パラリンピック開催時には公共交通機関の混雑が起こると予想され、特に混雑する通勤時間帯の混雑緩和が目的となっています。
また、テレワークを普及させることで混雑緩和になるだけではなく、在宅勤務が増えることで家事や育児に追われる主婦などにも便利になるのではないでしょうか。
その在宅勤務でも遠隔サポートが欠かせないものとなりますので、今後はテレワークや在宅勤務のことも考えながら遠隔サポートのことも詳しくなっておかなければいけません。参照URL

遠隔サポートは様々なことをサポートすることができますが、サポート内容の一つに勉強を教えるインターネット版家庭教師があります。
このインターネットを利用した家庭教師サービスを行っているのがNettyで、カメラやマイク、スピーカーが接続されているパソコンを使用し、リアルタイムで遠隔地の生徒に遠隔サポートで直接指導しています。
また、遠隔サポートでの機能には文字や図形が描けるホワイトボード機能、ハンディスキャナを使ったスキャナ機能、生徒の理解度が把握できる理解度ボタン機能、第三者がモニタリングできるモニタリング機能、個別指導で使われる個別チャット機能、ファイル転送機能などがあります。
このような遠隔サポートはアイエスエル・オンラインのリモートコントロールソフトを使用していますので、難しい問題でも迅速に解決することができますし、高セキュリティを実現させていますので安心な遠隔サポートを行うことができます。web会議 費用